株主・投資家の皆さま INVESTOR RELATIONS

関連資料

主要な経営指標の推移

(出典:有価証券報告書)

回次 第94期 第95期 第96期
決算年月 平成26年3月 平成27年3月 平成28年3月
(1)連結

売上高

(百万円)
88,946 93,889 109,730

経常利益

(百万円)
15,521 20,394 35,365

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)
9,735 12,122 21,143

包括利益

(百万円)
10,197 16,607 18,444

純資産額

(百万円)
68,096 77,100 89,875

総資産額

(百万円)
106,465 115,135 132,991

1株当たり純資産額

(円)
1,611.78 1,861.12 2,170.60

1株当たり当期純利益

(円)
228.27 290.90 510.54

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)
- - -

自己資本比率

(%)
64.0 67.0 67.6

自己資本利益率

(%)
14.5 16.7 25.3

株価収益率

(倍)
14.3 23.9 13.3

営業活動によるキャッシュ・
フロー

(百万円)
13,663 14,737 27,067

投資活動によるキャッシュ・
フロー


(百万円)
△2,135 473 △4,105

財務活動によるキャッシュ・
フロー


(百万円)
△10,992 △7,900 △5,984

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)
17,457 24,767 41,744

従業員数

〔外、平均臨時雇用人員〕(人)
1,540〔293〕 1,503〔304〕 1,451〔309〕

  1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。
  2. 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
  3. 平成27年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第94期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
  4. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
  5. 第94期より、シニアスタッフ(定年後再雇用者)、嘱託社員は従業員数より除いております。
  6. 臨時雇用人員(シニアスタッフ、臨時従業員等)数は、〔 〕内に年間の平均人員数を外数で記載しております。
回次 第94期 第95期 第96期
決算年月 平成26年3月 平成27年3月 平成28年3月
(2)単体

売上高

(百万円)
87,101 91,951 107,627

経常利益

(百万円)
14,957 19,845 34,743

当期純利益

(百万円)
9,395 11,777 18,757

資本金

(百万円)
23,853 23,853 23,853

発行済株式総数

(千株)
101,879 96,879 48,439

純資産額

(百万円)
71,816 79,069 91,103

総資産額

(百万円)
106,529 115,834 130,838

1株当たり純資産額

(円)
1,699.82 1,908.66 2,200.25

1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額 (円))

(円)
48.00
(24.00)
59.00
(27.00)
112.00
(34.00)

1株当たり当期純利益

(円)
220.30 282.61 452.92

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)
- - -

自己資本比率

(%)
67.4 68.3 69.6

自己資本利益率

(%)
13.4 15.6 22.0

株価収益率

(倍)
14.8 24.6 15.0

配当性向

(%)
43.6 41.8 32.2

従業員数

〔外、平均臨時雇用人員〕(人)
1,523〔289〕 1,493〔301〕 1,444〔306〕

  1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。
  2. 平成27年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を実施しております。第94期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
  3. 当事業年度の1株当たり配当額112.00円は、中間配当金34.00円と期末配当金78.00円(記念配当10.00円を含む)の合計となります。なお、中間配当額34.00円は株式併合前の配当額、期末配当額78.00円(記念配当10.00円を含む)は株式併合後の配当額となります。
  4. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
  5. 第94期より、シニアスタッフ(定年後再雇用者)、嘱託社員は従業員数より除いております。
  6. 臨時雇用人員(シニアスタッフ、臨時従業員等)数は、〔 〕内に年間の平均人員数を外数で記載しております。

販売実績〔単体〕

(単位:百万円)

種別 第96期
2015年4月1日~
2016年3月31日
第97期
2016年4月1日~
2017年3月31日
医薬品・医療機器 100,062 91,934
農業薬品 5,620 5,629
不動産賃貸料 1,944 2,386
合計 107,627 99,949

  1. 消費税等は含まれておりません。
  2. 平成28年3月31日付で科研不動産サービス株式会社を吸収合併しております。平成29年3月期における単体業績については、 外部顧客への売上高等、従来科研不動産サービス株式会社において計上していた売上の一部を含んでいます。

主力品売上高(正味売上高ベース)〔単体〕

(単位:億円)

品名
薬効
2015年度 2016年度 2017年度
実績 実績 計画
<医薬品>
アルツ
関節機能改善剤
307 289 297
クレナフィン
爪白癬治療剤
198 216 230
リピディル
高脂血症治療剤
45 44 46
フィブラストスプレー
創傷治癒促進剤
36 37 38
ジェネリック医薬品計 132 119 120
<医療機器>
セプラフィルム
癒着防止吸収性バリア
112 110 112

新製品開発状況

区分 開発段階 適応症 備考
KAG-308 PII 潰瘍性大腸炎 旭硝子株式会社と共同開発
経口プロスタグランジン製剤
BBI-4000 PII 原発性局所
多汗症
ブリッケル・バイオテック社より導入
外用抗コリン剤
KMW-1 治験準備中 熱傷焼痂除去 メディウンド社より導入
外用酵素製剤
海外での製品名:NexoBrid

主要項目〔連結〕

項目 2015年度 2016年度 2017年度
実績 実績 計画
販売費及び一般管理費 26,490 26,745 -
研究開発費 5,883 6,450 10,900
海外売上高(薬業) 10,185 7,265 -
設備投資 2,923 1,415 1,700
減価償却費 2,242 1,937 2,100
  • 新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。 日本製薬工業協会
  • 楽しく学ぼう「くすり」のこと くすり研究所 小中学生のためのくすり授業
  • 製薬協 製薬産業の理解のために
  • 電子広告