ニュースリリース NEWS RELEASE

ジーネックス株式会社への出資ならびに業務提携について2021年01月29日

ジーネックス株式会社への出資ならびに業務提携について

 

 科研製薬株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 堀内 裕之、以下「科研製薬」)は、ジーネックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役Co-CEO 八木 研・飯田 敦、以下「ジーネックス」)が実施する第三者割当増資の引受けを行うとともに、それぞれの事業分野で両社が培ってきた強みを活かした共同事業の検討・実施に関する業務提携を行うこととなりましたので、お知らせいたします。

 

 ジーネックスはブロックチェーン技術(*1)を活用したデータプラットフォーム事業の医療・ヘルスケア領域での展開を目指しています。科研製薬は今回の提携により、ジーネックスによるデータプラットフォームの構築を推進していくとともに、将来、ジーネックスが構築するデータプラットフォームの活用による科研製薬の創薬、研究開発、情報提供活動等の更なる発展を期待しています。

 

 なお、本件に関し、科研製薬の2021年3月期連結業績予想に与える影響はございません。

 

*1ブロックチェーン技術:「分散型台帳技術」(distributed ledger technology: DLT )と呼ばれる技術の一種で、改ざんやなりすましの防止、透明性の確保に有効なものとして、医療分野での個人情報の取り扱いや臨床試験等への活用について検討されている

 

・ジーネックスの事業について
 ジーネックスは、マネックスグループ株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長CEO 松本 大、以下「マネックスグループ」)の支援によって設立されたマネックスグループの関係会社です。
 ジーネックスは、ブロックチェーンを活用したヘルスケア関連データプラットフォームを構築しています。当該データプラットフォームは、全ゲノム情報を含むヘルスケア関連のビッグデータ(*2)を集積することができ、高付加価値化されたヘルスケア関連データが創薬開発やヘルスケア関連サービスに活用されることで(*3)、人々のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が向上するサステイナブルな健康社会の創造に貢献します。また、ジーネックスは、本事業により得られた対価を、データ提供者に還元するエコシステムの実現化を目指します(*4)。当該エコシステムが機能することにより、将来的には創薬開発が困難な難病領域等にも対象を広げ、国や自治体に頼るだけでなく、患者さん自身がプラットフォームに参加して創薬開発を推進し、同時に患者さん自身のデータを価値化できる自助的なシステムが産み出されることが期待されます。このエコシステムが広く発展することにより、患者さんに限らず健康な人々のヘルスケアデータの価値を高めていきます。

 

*2 データ取得時には、データ提供者の同意を取得
*3 個人情報保護法や関連する指針・ガイドラインを遵守した上で実施
*4 金銭による対価は想定しておりません。

 

※ジーネックスのブロックチェーン技術を活用したデータプラットフォーム事業に関しましては、
ジーネックス(support@genex.co.jp)へお問い合わせください。

 

ジーネックスの本件のプレスリリース:https://genex.co.jp/pdf/press202101.pdf

 

・ジーネックスの概要

名称 ジーネックス株式会社
所在地 東京都港区赤坂1-12-32
設立 2019年8月
代表者 代表取締役社長 Co-CEO 八木 研、代表取締役社長 Co-CEO 飯田 敦
事業内容 ゲノムおよびヘルスケアに関するデータプラットフォームの企画・運営
株主 マネックスグループ株式会社、株式会社スギ薬局、科研製薬株式会社、その他投資家
ウェブサイト https://genex.co.jp/

 

以上

……………………………………………………………………………………………………………………………………

注意事項:
このニュースリリースに記載されている当社グループの事業に関する将来の見通し等の記述は、現時点で入手可能な情報から予測したものであり、今後の様々な要因により実際の結果とは異なる可能性があります。また、このニュースリリースに含まれている医薬品(開発中のものを含む)に関する記述は、宣伝、広告等や医学的アドバイスを目的としたものではありません。

一覧へ戻る