ニュースリリース NEWS RELEASE

癒着防止吸収性バリア「セプラフィルム®」にカット済み4枚入りパックを追加2009年01月15日

 科研製薬株式会社(本社:東京都文京区、社長:乾 四朗)は、特定保険医療材料として認められている癒着防止吸収性バリア「セプラフィルム®」の新材形として、がん手術などで、骨盤腔の奥までいれやすく片手で操作がしやすいサイズにカットした「セプラフィルム®(ONC プロシージャ パック)」を1月19日より発売いたします。

 「セプラフィルム®」は米国ジェンザイム社で開発され、1996年より米国や欧州等で販売されている術後の癒着防止材であり、国内におきましては1998年7月より販売されております。また、帝王切開術などで使いやすいサイズにカットした「セプラフィルム®(CS プロシージャ パック)」を2006年1月に発売しております。
 術後の損傷組織、あるいは接している対面の組織に「セプラフィルム®」を貼付することで、対側組織との直接的な接触を物理的に遮断し、術後の癒着を防止・軽減いたします。それにより、癒着が原因で起こる疼痛、イレウス、不妊を軽減し、また再手術の時間短縮が期待できます。

 「セプラフィルム®(ONC プロシージャ パック)」は、あらかじめレギュラーサイズの半分の大きさのものが4枚入った製品です。
レギュラーサイズでは大きすぎて貼付しにくかった部位にも、片手でそのまま貼付することが可能であり、また、がん手術のように損傷が広い範囲に及ぶ場合でも、4枚入りのため広範囲に貼付することができます。
 レギュラーサイズ、CS プロシージャ パックに続く今回のONC プロシージャ パックの発売により、用途に応じた使い分けが可能となります。

 保険適用範囲、償還価格は従前のレギュラーサイズと同じです。

*ONC:Oncology(腫瘍)

以上

お問い合わせ先
科研製薬株式会社
総務部広報グループ
TEL:03-5977-5002
FAX:03-5977-5131

一覧へ戻る

  • 新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。 日本製薬工業協会
  • 楽しく学ぼう「くすり」のこと くすり研究所 小中学生のためのくすり授業
  • 製薬協 製薬産業の理解のために
  • 電子広告