科研早わかり

歴史

数々のLEGENDを生んで今も輝き続ける

現代物理学の父・仁科芳雄、ノーベル賞受賞者・湯川秀樹、朝永振一郎など、日本の科学史における“LEGEND”ともいうべき科学者を多数輩出してきた財団法人理化学研究所。それが、科研製薬のルーツです。 科研製薬は、1948年に株式会社科学研究所として設立以来、メンタックス、フィブラストスプレー、近年ではクレナフィン、リグロスなど、“LEGEND”として語り継がれるべき多くの医療用医薬品を世に送り出してきました。

  • 1948

    イメージ理化学研究所をルーツに設立

    イメージペニシリン「科研」の製造開始

  • 1950

    イメージ結核治療剤 ストレプトマイシン「科研」発売

  • 1953

    イメージ抗真菌剤 アスレタン発売

  • 1962

    イメージ東京証券取引所第1部に上場

  • 1971

    イメージ抗炎症・鎮痛・解熱剤 ブルフェン発売

  • 1987

    イメージ関節機能改善剤 アルツ発売

  • 1988

    イメージ経皮吸収型鎮痛消炎貼付剤 アドフィード発売

  • 1992

    イメージ慢性動脈閉塞症治療剤 プロサイリン錠発売

    イメージ抗白癬菌剤 メンタックス発売

  • 1998

    イメージ癒着防止吸収性バリア セプラフィルム発売

  • 2001

    イメージ褥瘡・皮膚潰瘍治療剤 フィブラストスプレー発売

  • 2011

    イメージ高脂血症治療剤 リピディル錠発売

  • 2014

    イメージ外用爪白癬治療剤 クレナフィン発売

  • 2016

    イメージ歯周組織再生剤 リグロス 歯科用液キット発売