科研早わかり

製品

整形外科、皮膚科、外科の領域で強み

科研製薬は、整形外科、皮膚科、外科の3つの領域に注力しています。
そこに経営資源を集中させ、世界レベルで高い競争力を誇る医薬品を提供しています。

整形外科領域の代表的な製品

アルツ

アルツ

[関節機能改善剤]

高齢者に多い変形性膝関節症及び肩関節周囲炎の治療に役立ちます。

アドフィード

アドフィード

[経皮吸収型鎮痛消炎貼付剤]

変形性関節症や肩関節周囲炎、筋肉痛等の疼痛・炎症に対して高い臨床効果を示します。

皮膚科領域の代表的な製品

フィブラストスプレー

フィブラストスプレー

[褥瘡・皮膚潰瘍治療剤]

褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)の創傷治癒を促進させます。現在では、歯周組織再生剤 リグロスとして新たな治療選択肢を提供しています。

クレナフィン

クレナフィン

[外用爪白癬治療剤]

科研製薬が創製した新規トリアゾール系化合物エフィナコナゾールを主成分とし、真菌の細胞膜構成成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することにより抗真菌活性を発揮する日本初の外用爪白癬治療剤です。

外科領域の代表的な製品

セプラフィルム

セプラフィルム

[癒着防止吸収性バリア]

術後、湿性組織に付着した後、周囲の水分を吸収してゲル化し、創部にバリアとして存在することで癒着防止効果を発揮します。

クレキサン

クレキサン

[血液凝固阻止剤]

静脈血栓塞栓症予防剤の世界的な標準薬です。日本人向けに用量が調節された国内初の低分子量ヘパリンで、適応手術の後に使用されます。