体内で重要な働きをしているヒアルロン酸ですが、具体的にはからだのどこに多く存在しているのでしょうか?
 
関節
 関節液の入っている関節腔、関節軟骨などに含まれ、関節の動きをよくしたり(潤滑作用)、クッションのように衝撃を吸収する働きをしています。
 
皮膚
 皮膚に多く含まれ、肌の乾燥を防ぎ、ハリを与える役割を担っています。
 
 ヒアルロン酸は、からだの中のさまざまなところに存在しています。特に、へその緒(臍帯(さいたい))、関節液、皮膚、目などに多く含まれています。
 硝子体(しょうしたい)に多く含まれ、目の形を維持する働きをしています。
 
 
ヒアルロン酸と関節の病気について他にも知りたい方は
 

  Copyright(C) Kaken Pharmaceutical Co.,Ltd. All Rights Reserved.