関節の痛みに対する治療には、痛み止めの内服薬や貼り薬などがありますが、このほかによく行われている治療として、膝や肩の関節に注射を行う方法があります。
 分子量90万の高分子ヒアルロン酸の関節内注射は、約20年の歴史を持ち、広く行なわれている関節痛の治療法です。ヒアルロン酸を注射することによって、加齢などにより減少したヒアルロン酸を直接補い、さらに関節でのヒアルロン酸の産生能を高めたり、痛みや炎症を抑える効果があります。
 詳しくは専門医にご相談下さい。
 
ヒアルロン酸と関節の病気について他にも知りたい方は
 

  Copyright(C) Kaken Pharmaceutical Co.,Ltd. All Rights Reserved.