科研製薬について ABOUT KAKEN

沿革

  • 1948年
    財団法人「理化学研究所」を株式会社に改組して「株式会社科学研究所」として発足
    ペニシリン「科研」発売
  • 1950年
    ストレプトマイシン「科研」発売
  • 1952年
    「科研化学株式会社」に社名変更
  • 1953年
    本社敷地内に駒込工場竣工
    「アスレタン」(水虫薬)発売
  • 1961年
    東京証券取引所第2部上場
  • 1962年
    東京証券取引所第1部上場
  • 1963年
    藤枝市に静岡工場竣工
  • 1965年
    第11回大河内記念生産賞を受賞
  • 1966年
    全国主要都市に営業所(現在の支店)を設置
  • 1971年
    第17回大河内記念技術賞を受賞
  • 1982年
    科研薬化工(株)と合併し、「科研製薬株式会社」に社名変更
    9支店、36営業所、3工場、2研究所の陣容となる
  • 1986年
    科研不動産サービス(株)を設立
  • 1987年
    「アルツ」(関節機能改善剤)発売
  • 1988年
    科研ファルマ(株)を設立
    「アドフィード」(経皮吸収型鎮痛消炎貼付剤)発売
  • 1989年
    「エブランチル」(排尿障害改善剤・降圧剤)発売
  • 1991年
    本駒込再開発事業のため本社を千葉県浦安市に一時移転
  • 1992年
    「プロサイリン錠」(慢性動脈閉塞症治療剤)を発売
    「メンタックス」(抗白癬菌剤)発売
  • 1993年
    「アルツディスポ」(関節機能改善剤)発売
  • 1994年
    第40回大河内記念生産賞を受賞
  • 1995年
    第41回大河内記念技術賞を受賞
    「サイトテック錠」(抗NSAID潰瘍剤)発売
  • 1996年
    「メンタックス」(抗白癬菌剤)米国FDA販売承認取得
  • 1998年
    文京グリーンコートが完成
    創立50周年
    医療機器「セプラフィルム」(癒着防止吸収性バリア)発売
  • 1999年
    「リパンチル」(高脂血症治療剤)発売
  • 2000年
    滋賀工場を閉鎖、静岡工場に統合
    科研ファルマ、科研プランニングを吸収合併
    平成12年度リサイクル推進功労者等表彰、厚生大臣賞受賞
  • 2001年
    静岡事業所、ISO14001認証取得
    「ミロル点眼液」(持続性 緑内障・高眼圧症治療剤)発売
    「フィブラストスプレー」(創傷治癒促進剤)発売
  • 2002年
    「メンタックス」(抗白癬菌剤)、米国でOTC薬発売
    「フィブラストスプレー」、全大学病院が採用へ
    「メンタックス」、スイッチOTC水虫薬として他社発売
    札幌支店、新社屋完成
  • 2003年
    西部物流センターを外部委託
  • 2004年
    「メンタックススプレー」(抗白癬菌剤)発売
    薬制部門を新設
  • 2005年
    「注射用GHRP科研100」(成長ホルモン分泌不全症診断薬)発売
    「リピディルカプセル」(高脂血症治療剤)発売
    世界におけるbFGFの権利に関するライセンス契約締結
  • 2006年
    抗真菌化合物「KP-103」、欧米へ導出
  • 2007年
    欧米における「bFGF」(歯科領域)の権利を導出
    世界における抗ヒトα9インテグリン抗体の医療用医薬品用途についての独占権取得
    「ベラサスLA錠60µg」(肺動脈性肺高血圧症治療剤)発売
  • 2008年
    「アドフィードパップ80mg」(経皮吸収型鎮痛消炎貼付剤)発売
  • 2009年
    欧米における「bFGF」(創傷治療領域)の権利を導出
  • 2010年
    「クレキサン皮下注キット2000IU」(血液凝固阻止剤)の販売開始
  • 2011年
    「リピディル錠」(高脂血症治療剤)発売
  • 2012年
    国内における「SI-6603」(腰椎椎間板ヘルニア治療剤)の独占的販売権を取得
  • 2014年
    「クレナフィン爪外用液」(爪白癬治療剤)発売
  • 2015年
    国内・アジアにおける「BBI-4000」(原発性局所多汗症治療剤)の独占的な開発、製造及び販売権を取得
  • 2016年
    国内における「NexoBrid」(熱傷焼痂除去剤)の独占的な開発及び販売権を取得
    「クレナフィン」(爪白癬治療剤)、韓国へ導出
    「リグロス歯科用液キット」(歯周組織再生剤)発売
  • 新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。 日本製薬工業協会
  • 楽しく学ぼう「くすり」のこと くすり研究所 小中学生のためのくすり授業
  • 製薬協 製薬産業の理解のために
  • 電子広告