科研製薬について ABOUT KAKEN

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画及び情報公表について

科研製薬の取り組み(公表日:2016年4月1日)

 2015年8月に、女性が職業生活において、希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するための「女性活躍推進法」が制定されました。これにより2016年4月1日から、企業は、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定が義務づけられました。(10年間時限立法)

 科研製薬は、2016年4月1日より、第1期行動計画(2016年4月~2019年3月)を策定し、女性従業員の個性と能力が十分に発揮できるよう取り組んでいきたいと考えております。第1期では、女性従業員の希望にも配慮しながら、課長級への登用をおこない、全課長級に占める女性従業員の比率を向上させます。また、育児休業や産前・産後休暇を終えられた方々に、スムースに職場復帰ができるよう努力していくとともに男性の育児休暇についての啓蒙活動をおこなっていきます。

一般事業主行動計画の概要(期間:2016年4月1日~2019年3月31日)

  1. 女性従業員の能力に応じた登用向上
    • 女性従業員本人の希望に配慮しながら、課長級への登用を促進し、全課長級に占める女性従業員の割合を向上させる。
        (数値目標) 全課長級に占める女性従業員の比率目標 6%とする。
  2. 育児休業制度の利用促進及び終了後のスムースな職場復帰
    • 女性の育児休業取得率の維持とスムースな職場復帰のための環境整備に努める。
    • 男性の育児休暇取得を啓蒙する。
【科研製薬における女性の活躍に関する情報公表】
  • 男女別の育児休業取得率  男性 0% 女性 100%
  • 管理職(課長級)に占める女性労働者の割合 3.4%
  • 男女平均勤続年数の差異 0.2年(男性14.6年 女性14.8年)
  • 新しいくすりで、世界に笑顔を増やしたい。 日本製薬工業協会
  • 楽しく学ぼう「くすり」のこと くすり研究所 小中学生のためのくすり授業
  • 製薬協 製薬産業の理解のために
  • 電子広告