社長メッセージ

科研製薬ならではの
強みを活かし、
さらなる
価値創造を目指して
変化を加速させます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、当社が置かれる環境も大きく変化しています。デジタルツールの利用やリモート面談など、今やオンライン上でのコミュニケーションが当たり前となりました。

その一方で、科研製薬の強みは医療現場(リアル)における深い関係性にあります。現場でしか聴くことのできない医師の声、現場でしか感じられない患者さんの様子は、リアルの現場からニーズを吸収してきた当社の変わらぬ強みだと再認識するきっかけとなりました。今後はデジタルとリアルの融合によって、効率化や専門性の向上を図り、さらに患者さんや医師との信頼により生まれる医療現場での存在感という強みを磨いていきます。

こうした強みを生み出す源泉は何よりも人材にあります。社員一人ひとりが柔軟に変化を楽しみ、企業理念の実現に向けワンチームとなって、今後もステークホルダーの皆さまにご評価いただける付加価値を提供するよう尽力してまいります。

また、急激に変化する外部環境の中にあって、これまで3年間の中期経営計画として経営方針を定めていたものを長期ビジョンへ変更し、さらにサステナビリティ経営を実行すべく、サステナビリティ基本方針を策定しました。より長期の時間軸を見据えた経営を推進し、持続的な成長を目指します。

2022年5月
代表取締役社長

PAGE TOP