女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画及び情報公表について

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

科研製薬の取り組み

 2016年4月より女性活躍推進法に基づく企業の行動計画の策定が義務付けられています。
科研製薬では、第3期行動計画(2022年度~2025年度)として、下記の目標を設定しました。
今後も全従業員がプロフェショナルとして活躍できる会社を目指します。

一般事業主行動計画の概要
(期間:2022年4月1日~2026年3月31日)

1.女性管理職比率の向上

  • 管理職に占める女性従業員の割合を7%以上とする。
  • 女性従業員の能力と適性を考慮して、管理職への登用を促進する。

2.育児休業制度の利用促進により、仕事と育児の両立を支援する

  • 育児休業取得率を、
    女性100%(平均取得日数:約1年間)
    男性30%以上(平均取得日数:9日間以上)とする。
  • 育児休業を取得しやすい環境を構築するための社内周知、研修等を拡充する。

女性活躍推進法に基づく情報公表

科研製薬における女性活躍に関する情報公表
(公表:2022年3月)

  • 管理職に占める女性従業員の割合 2021年度:3.5%
  • 男女別育児休業取得率(2020年度) 女性:100% 男性:9.4 %
PAGE TOP